LOG IN

レッスンでのお話

by Yumiko

本日も、レッスンDayでした!

新しい楽器を購入された生徒さんがいて、なかなか音が安定しないという話になりました。

そういえば、私も今の楽器に変えた時、びっくりするぐらい音が出なくなったなぁと記憶を思い返していたのですが。。。

大学3年生のお話なので、記憶がだいぶあやしいです(^_^;)


おおまかに、洋銀、銀、金、そしてプラチナ素材がありますが(もっと細かく分けると色々あります!興味のある方はググりましょう(笑))

その素材が違ったら、吹き心地もかなり変わります。あと、メーカーが違ったらそれもまた変わるかなと。

良い素材になるほどに、息がすいとられるような感じがして、体力が必要になると思います。

それは、楽器が十分になってくれるからなのですが。
なので初心者の方は金やプラチナをならすのはかなり至難の業になるのですね~。


もっと上手くなりたくて、頑張って高価な楽器を買って、なのに最初は吹きにくくなるなんて、
楽器って簡単じゃないなぁと改めて思いました、今更ですが(笑)

私は大学生だったので毎日吹ける環境でしたが、社会人の方は確かに大変だなと。
それでも、良い楽器を手にした喜びは何事にも代えられない喜びだと思いますし、前よりも必ず良い音が出せるのでコツコツ頑張って欲しいなと思います(*^-^*)



気になって調べてみたら、大学三年の夏に購入した楽器ですが、本番で使ったのは3月のようです!!
(それまでは、ロングトーンばかりしたり、少しずつ慣らして前の楽器と両立していたと思います!)

あの、ラフマニノフのピアノコンツェルト第2番を演奏した思い出のコンサートの時からでした!なつかしい~!

この頃は写真もデータではないので、アルバムを出して調べました(笑)

大学生の私は、なかなかにイケイケでした。。。(死語)

個人的にですが、大学2、3年生は何かがすごいスピードで駆け抜けていて、1番無敵な時期でした(謎w

フルートのかえちゃんと、真ん中はチェロのげんちゃん!これは舞台袖かな?

このステージが、今の楽器のデビューだったんだなぁとしみじみ。

これからもまだまだ、長いお付き合い出来るように、大事にして、そしてたくさん吹いてあげたいです!


Yumiko
OTHER SNAPS