LOG IN

楽譜作成

by Yumiko

引き続き、進んでおります!

なのですが、曲数多いのでけっこう果てしないです(笑)

ある程度完成したら一旦販売の作業に切り替えますね!

フルートのメロディーにコード譜を載せる予定でしたが、曲によっては1枚だと情報が多くてごちゃごちゃしてしまって見にくいという事が判明したので、

そういった曲はメロディー譜とコード譜に分けようと思います。やっぱり、果てしない。。。。(笑)


作成していて思う事

音符やコードは決まっているので入力するだけなのですが、

スラーやアクセント、テヌートなどの入力がなかなか難しいということ!

こう表現して欲しいというニュアンスなので、当てはまるものがなかったり、楽譜だとこう吹いてしまうけど、実際は微妙に違うけど、これ以外書きようがない、など(笑)


大学のレッスンで、先生に「楽譜は絶対ではない」と言われた事があって、
当時は「でも楽譜に書いてるのに!?」と思った事もありましたが、自分が教える立場に立った時にその意味がよくわかりました。

そして、作曲したり、こうやってオリジナル曲の楽譜を作ると、さらに実感しましたね~。

具体的な例を挙げると。。。。
同じスラーでも曲によって違ったり、同じ曲の中でもアクセントやテヌート、スタッカートなどの表現が違う場合があるのです。

何なら、スラーでも、軽くタンギングすると効果的なものもあるし、タンギングしない方が良いところもあったり、それってまったく楽譜通りではないので、もはや無限ですね(笑)

クラシックはそれをとても丁寧に書いてくれている楽譜がほとんどなので、そこからアレンジ出来ますが、
オリジナルって自由な要素が多いので、お好みでとか、どっちでも、とかあるんですけど、でもルールもあるのでどこまで示すのが正解か、けっこう悩みます。書き過ぎて固定されるのもなぁと。

でも、販売するのにそこが書いてないのも不親切なので、きっちり書きたくて、自分の曲だけど吹きながら確認していて、そしたら自分でもよくわからなくなってきたり(笑)

基本的にCDに忠実にするようにしていますが、ここの作業が1番大変かも?


仕上がると嬉しい

それでも、楽譜との付き合いが長い私なので、オリジナルの楽譜が仕上がると嬉しいんですよね~。

だいぶ作業も慣れてきて、ちょっとは早くなってきましたよ!

10月はもうすぐ終わるので、11月中にあとあどれだけ作れるかなぁ。

引き続き頑張ります!



吹くのが大変な曲は、楽譜作るのも大変だというあるある(笑)




Yumiko
OTHER SNAPS